【遠州】静岡西部のお出かけ情報。夜景、イベント、観光、しっぺいくん。

【浜松】のお土産といえば”うなぎパイ”は外せない!

この記事を簡単に書くと…

  • 静岡のお土産といえば"うなぎパイ"と"こっこ"
  • 浜松の銘菓うなぎぱいはうなぎエキスが入った手作りお菓子
  • 昔は夜のお菓子と言われていた!?

【浜松】のお土産といえば”うなぎパイ”は外せない!

静岡県のお土産と言えば、何と言っても以下の2商品が有名ですね。

東の”こっこ”、西の”うなぎパイ

どちらも長い歴史のあるおいしい、もらって嬉しい、お土産です😄

しかし最近では焼津市の、焼津産まれかつおぶしを使用した

”バリ勝男クン。”などのお菓子も有名になってきています。

静岡はいいものがたくさんですね!!

そんな中でも”うなぎパイ”をご紹介させていただきます。

 

浜松の銘菓、うなぎパイ

うなぎパイは昭和36年に誕生。

当時から作り方も変わらず、今も手作り

うなぎパイという名前だけに

うなぎを練り込んであるのか!?

とも思いますが、うなぎの要素はエキスで加えています。

味付けも工夫されており、秘伝のタレも使われいるそう。

すみませんここでワタクシヨダレが出てきてしまいました(笑)

お土産として定番なのはもちろんですが、何がすごいって

地元に住んでいる私たちもよく食べるということです。

他所の県の人に会いに行くときに持っていく、それだけでなく

自分のために、家族のために買って帰る

というのもあたりまえになっています。

それだけおいしくて愛されている商品なのです!



↑浜松といえばおいしいうなぎ…ゴクリ

当時は「夜のお菓子」と言われていた!?

※春華堂さんのHPからの引用です。

うなぎパイの代名詞とも言えるキャッチフレーズ「夜のお菓子」。幸一社長の「一家団欒のひとときをうなぎパイで過ごしてほしい」という願いのもと、ご自身で考案されたものです。当時、浜松は高度経済成長期で女性の社会進出が進んだ時代。忙しい家族が揃う夕食のだんらんの時間が大切にされたと言われ、その時間を表す「夜のお菓子」と名付けたのでした。

夜のお菓子、いい響きですね。

しかし、当時の浜松において夜の繁華街は全国屈指と呼ばれ賑わっていた時代。このキャッチフレーズを目にしたお客様で、精力増強のうなぎと結びつけてあらぬ解釈をしてしまった人も多かったようです。

「うなぎパイ」は実際のところ精力増強の話は別として、うなぎパイ6本分に含まれるビタミンAは、蒲焼100gに含まれるそれに相当し、元気回復、夏バテ対策、視力保持などの効果が期待できると言われ、栄養価の高いお菓子としての一面ももっています。

やはりそう、ですよね(笑)

でもうなぎはうなぎ、栄養もマンテンです!

 

しかしそれにしてもそんなに賑わっていた浜松、羨ましい限りです。

 

あぁ今日うなぎパイ買って帰ろう。

 

春華堂さんのHP
http://www.shunkado.co.jp/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

カテゴリー

アーカイブ

  • スポンサーリンク

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。